デメリット

美容電気脱毛やニードル脱毛と呼ばれる脱毛方法のデメリットですが、
激しい痛みを伴うし、皮膚トラブルも多く、今は施術しているエステやクリニックも少なくなりました。

 

と、このように説明しているサイトがネットでは非常に多いです。

 

しかし、私自身、2年前にTBCの電気脱毛をワキだけ行いましたが、いまだにはえていません。

 

そして、痛みもそれほどではなかったんです。

 

エステティシャンの人に聞くと、やはり毛の太さや硬さによって、その人が感じる脱毛時の痛みはそうとう変わるらしいです。

 

私はそれまでに3社、脱毛エステに行きました。

 

銀座カラー、ミュゼ、ジェイエステ、です。

 

銀座には5回コースで脱毛して、ほかはキャンペーンだけ。

 

あと自宅に脱毛機もありますが、それも数回利用したくらい。

 

で、エステティシャンの方に聞くと、光脱毛は、効果は確かに弱めではあるけど、回数重ねて通えば、はえてる毛が細くなり、抜けやすくなるので、そのあとに電気脱毛をすると、簡単にスルッと抜けやすくなるそうです。

 

つまり、私は、光脱毛でムダ毛が細くなっていたので、電気脱毛でも痛みがなく抜けた、という結果のようなんです。

 

本当に、鉛筆で肌をつんつんと刺されているような感覚しかありませんでした。

 

なので、それほど、痛みについては過敏になるほどでもないかもしれません。

 

 

針脱毛に使用される針は、「絶縁針」と「ニードル針」の2種類。

 

絶縁針は、毛穴に差し込んだときに針が直接皮膚に触れないよう、特殊コーティングされているのが特徴で、エステでは、チタンやゴールドで加工されたニードル針が使用されているんだけど、これも、アレルギーや皮膚へのダメージを軽減する効果はあるようです。